ナクシス株式会社
Brand Supporter
  • Header Image


ブランディングソリューション

ブランドの価値を守る・維持する・拡大させる、これがナクシスの理念です。
価値を守るための高品質な製品の提供や検品代行事業、維持するための安定的な生産供給体制、拡大するためのデザイン提案や新製品・サービスの提案...。お客様のブランディングにおけるソリューションを多角的に提案します。

検品代行 × 株式会社F・O・インターナショナル

生産現場のソリューションとして活用

株式会社F・O・インターナショナルはベビー・子供服、雑貨全般の製造小売業を営む企業で、デザインから製造そして販売まで手掛ける。そのデザイン性の高さと手に取りやすい価格設定が消費者の心をつかみ、1998年の設立以来成長し続け、現在は上海・タイ・アメリカと海外にも拠点を持ち、実に年間1700万枚以上の洋服を世の中に送り出している。

事業拡大に伴い生産拠点もアジア広域にわたり増やし続けているが、外部に委託せず社内の生産担当者が工場を自ら開拓しているのが大きな特徴で、最高の製品を生産できる現場づくりを徹底しているという。その生産現場におけるソリューションとして、ナクシスの検品代行を活用いただいている。 生産部門の長である竹内珠美氏にお話を伺った。

Q. 検品工程に関するお考えを聞かせてください。

株式会社
F・O・インターナショナル
http://www.fo-kids.jp/
執行役員
生産部長 竹内 珠美 氏

本来、生産の段階で検品が必要ない完璧なものができている姿が理想で、私たちはそこを目指しています。ただ、様々な地域で製品を生産していますが、まだレベルの底上げが必要な地域、工場も存在しているのも現状です。その課題に対する解決策として、最後の確認役としてナクシスさんの検品代行の力をお借りし、高品質の製品をお客様にお届けできる仕組みを作っています。
Q. ナクシス検品代行のご活用状況を教えてください。
2010年頃から検品代行をお願いしています。最初は中国の東莞からはじまり、現在では青島でのお取引がメインです。
Q. なぜナクシスの検品代行を選び続けているのですか?
まず、御社(ナクシス)の現地担当の方を信頼しています。海外で現地のメンバーをマネジメントするのは簡単なことではありませんが、ナクシスさんの現場担当者は現地の言語も流暢に話し、従業員から信頼されています。そんなチームだからこそ良い仕事が出来るわけで、そこには絶大な信頼を置いています。
2つ目ですが、私たちはナクシスさんとアパレル副資材でのお取引もさせて頂いています。1つの企業からあらゆる提案をいただけるのは私たちにとって大きなメリットです。
Q. 今後の展望をお聞かせください
引き続き日々チャレンジしながら生産体制を向上してまいります。
どの事業部も中国生産はリードタイム短縮が課題となっていますので、広い中国の地で短納期にて対応いただける体制をナクシスさんにも引き続きお願いしたいですね。